Hatena::Groupfreebsd

弧月いうの FreeBSD 的な何か このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-04-13

netatalk3 でハマった。 23:21  netatalk3 でハマった。 - 弧月いうの FreeBSD 的な何か を含むブックマーク はてなブックマーク -  netatalk3 でハマった。 - 弧月いうの FreeBSD 的な何か  netatalk3 でハマった。 - 弧月いうの FreeBSD 的な何か のブックマークコメント

前回 netatalk で遊んだのは 2.2 だったと思うけど、特にけつまづいた覚えがなかったので気軽に試してみたらえらいめにあったのでメモ。

ちなみに今回入れたのは netatalk-3.0.2_1,1。


ホームディレクトリがみえない

原因は、/usr/local/etc/afp.conf の設定で

[Homes]
basedir regex = /home

と書いていたこと。ここは "正規化された絶対パス" を書きなさいということになってる。

今の FreeBSD では、特に /home を別パーティションにしたりしてない場合、/home は /usr/home へのシンボリックリンクになってるはず。なので "basedir regex = /usr/home" が正解。

先に言えよ!と思ったけど、afp.conf(5) にご丁寧に /home の例まで挙げて書いてありました。ごめんなちゃい。


共有フォルダにディレクトリが作れない

たとえば、パーミッションが 0777 な /share というディレクトリがあったとする。当然、直接 mkdir すればここにはだれでもディレクトリが作れる状態である。

afp.conf で

[share]
path = /share

とすると、Mac から share と言う名前で見えて接続も出来る。あらかじめ中に置いておいたファイルやディレクトリも見えるし、ローカルからファイルをコピーすることもできる。

なのになぜか、ディレクトリの作成だけが出来ない。「アクセス権がない」旨のエラーが出る。

ググりまくった結果、このようなパッチを見つけた。

これを適用してビルドしなおしたら確かにディレクトリも作成できるようになって一件落着。

なのだけど、ここでは ZFSバグだと書いてある。確かに最初は ZFS で作成したファイルシステムでやろうとしていたのだが、その後 ZFS ではないディレクトリを共有してもダメだった。謎だけどしょうがない。

ゲスト



トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/yukogets/20130413