Hatena::Groupfreebsd

傍見頼路のFREEBSD日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

カテゴリー
 | 

2014-02-13

20140213のログ

| 13:54

hostname="hogehoge"
::1         localhost hogehoge
127.0.0.1   localhost hogehoge
  • xfce4が立ち上がるが、usbマウスが反応しない。要調査。

ports

| 14:40

  • /x11-rm/xfce4
    無精してXorgのインストールもこれの依存関係で一発にしようとした。make config-recursiveの呪文を忘れていて、都度都度メニューが出てかえって面倒だった。4時間ほど。
  • slim
    ttyからスタートするのに/usr/local/etc/rc.d/slimを読めと指示あり。
  • ipaフォントのインストール
    • /japanese/font-std
    • /japanese/font-ipa-ui-gothic
    • /japanese/font-ipaex
      font-ipa,font-mplus-ipaはmake installで無動作だった。依存関係で既にインストールされてたのかな。
  • monaフォントのインストール
    • /japanese/monafont
    • /japanese/font-mona-ipa
    • /japanese/monafont-ttf
  • /japanese/w3m
    w3m-imgがエラーでインストールできなかたので代わりに。
  • /shells/zsh
    bashがは依存関係で既にインストールされていた。
  • /japanese/less
  • /editor/emacs
    ver 24.3
  • /www/firefox
  • /x11/xorg
    xorg本体はインストールされてなかったので改めてインストールする。無精をしてはいけないな。

20140212のログ

| 14:05

FreBSD8.2から10.0に上げようとしてyes/noの入力が大量に出て面倒なので^Cで止めてやりなおしたら、pkgの不整合(特にX関係)が大量にでてにっちもさっちもいかなくなった。再度最初からインストールすることにした。

  • freebsd org でディスクイメージ i386 memstick をダウンロード。ファイル名 "FreeBSD-10.0-RELEASE-i386-memstick.img" 600Moで5分程で終了。
  • DD for windows を管理者権限で起動。windows8でも普通に動いた。上記イメージをusbに書き込み。15分。
  • USBをインストールするPCに挿してブート。メニューに従いインストール。完了。→インストールのオプション

(失敗1)usbメモリーにDVDのディスクイメージを書き込んでもブートしなかった。

インストールのオプション

| 14:07

  • インストール時の設定でキーボードの設定、無線LANの設定ができるようになっていた。
    • キーボードの設定でjapanese106x(xはctrlとcapsを入替たもの)を選択
    • 無線LANは、メニュでデバイスを選択するとSSIDをスキャンする。IDを選択してパスフレーズを入力すると接続する。
    • 上記2つの設定はインストール後も引き継がれる。
  • スライスの設定、デフォルトはbootとswap以外は全て"/"に割当てられる。清々しいほどの割り切りでよろし
  • timezoneはasia -> jstを選択。
  • ntpは後で設定することにした。
  • root passwordの設定
  • 通常Loginするユーザー名を追加
  • ユーザーの参加グループに、wheel(suを使うのに必要)とoperator(shutdownを使うのに必要)を追加。グループ名の間は空白を開ける。
  • あとは適当に選択して終了。30分程。

*1:インストーラーの設定が変になっていたので訂正

トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/w-yorimichi/20140213
 |