FreeBSD初心者運用日記 このページをアンテナに追加

2008-01-23

[] 02:05 2008-01-23 - FreeBSD初心者運用日記 を含むブックマーク 2008-01-23 - FreeBSD初心者運用日記 のブックマークコメント

Writing now...

英語の勉強のために、暇をひつつmanを翻訳してみます。

まずは、diffコマンド

NAMEのところ。

NAME

diff - find differences between two files

SYNOPSIS

diff [options] from-file to-file

翻訳すると。

diff - 二つのファイルの差分を見つける。

次、DESCRIPTION

In the simplest case, diff compares the contents of the two files from-

file and to-file.

翻訳。

うーん、いきなり難しい。

まず、In the simplest case。
ネットの翻訳サービスで調べたら、"もっとも単純なケースで"
caseは"事情"とか"場合"とかに訳されるらしいけど、この場合はちょっと違う気がする。
よくわからないので次。

diff compares the contents of the two files from-file and to-file.
diffコマンドは、from-fileとto-fiieの二つのファイルの中身を比較する。

A file name of - stands for text read from the stan-

dard input. As a special case, diff - - compares a copy of standard

input to itself.

CressCress2008/01/25 20:05MySQLのパスワードを ~/.my.cnf に書いておくと自動的に読まれます。
cronで実行したりするとき(定期的なバックアップとか)に幸せになれます。
http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/password-security.html

PostgreSQLだとこんな感じ。
http://www.postgresql.jp/document/pg746doc/html/libpq-pgpass.html

py4s-tnkpy4s-tnk2008/01/29 02:34>MySQLのパスワードを ~/.my.cnf に書いておくと自動的に読まれます。
知りませんでした。orz
思いっきり、バックアップのプログラムの中にパスワード書いていました。。
貴重な情報ありがとうございます!