FreeBSD初心者運用日記 このページをアンテナに追加

 | 

2008-02-16

[]jvimの検索機能チップス 14:29 jvimの検索機能チップス - FreeBSD初心者運用日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - jvimの検索機能チップス - FreeBSD初心者運用日記 jvimの検索機能チップス - FreeBSD初心者運用日記 のブックマークコメント

  • 単語検索について
通常、単語を検索する場合、以下のようにします
/\<hoge\>
これをもっと簡単にする方法があります。
 *を押下すると現在のカーソル位置にある単語を検索してくれるのです。
#を押下すると逆検索してくれます。
プログラミング中に変数のサーチする際にかなり便利です。
  • 検索機能のヒストリを出す
/を押下した後に、ctrl+pを押下すると検索したキーワードのヒストリを出すことができます。

参考ページ:@nifty:@homepage:エラー

[]iノード(inode)について 13:22 iノード(inode)について - FreeBSD初心者運用日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - iノード(inode)について - FreeBSD初心者運用日記 iノード(inode)について - FreeBSD初心者運用日記 のブックマークコメント

http://e-words.jp/w/E3838FE383BCE38389E383AAE383B3E382AF.htmlから引用。

UNIXOSのファイルシステムでは、データ本体を格納する領域とは別に、それぞれのファイルやディレクトリについて「Iノード」というデータが作成される。Iノードにはサイズや作成日などファイルについての情報が格納されており、データ領域のどの位置にそのファイルが収められているかを表すポインタ情報も記録されている。

lsコマンドに-iオプションつけるとiノード番号も表示してくれる。

black:~/hoge$ ls -asli
total 14
4357258 2 drwxr-xr-x   3 vitamin  wheel   512 Feb 16 22:51 .
4357390 2 -rw-r--r--   1 vitamin  wheel    13 Feb 16 22:47 .#hoge.1.1.1.1
4357393 2 -rw-r--r--   1 vitamin  wheel    12 Feb 16 22:50 .#hoge.1.3
4357357 2 -rw-r--r--   1 vitamin  wheel    49 Feb 16 22:50 .#hoge.1.4
4192257 2 drwxr-xr-x  13 vitamin  wheel  2048 Feb 16 22:47 ..
4357262 2 drwxr-xr-x   2 vitamin  wheel   512 Feb 16 22:51 CVS
4357379 2 -rw-r--r--   1 vitamin  wheel    12 Feb 16 22:51 hoge

inodeを使っているunixシステムは、パーティション毎に利用できるファイル数の制限が存在するので注意しよう。

df -iでinodeの使用状況が見れる

stat -L hoge.datで、hoge.datに対するinode情報が見れる。

[][]ログイン接続最大数について 08:17 ログイン接続最大数について - FreeBSD初心者運用日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ログイン接続最大数について - FreeBSD初心者運用日記 ログイン接続最大数について - FreeBSD初心者運用日記 のブックマークコメント

OSにログインできる最大数ってどこで設定するんだろうか?

black:~$ sysctl -da | grep -i maxuser
kern.maxusers: Hint for kernel tuning

これかな?

http://www.freebsd.org/doc/ja_JP.eucJP/books/handbook/kernelconfig-config.html#KERNELCONFIG-PTYSを見てみると、maxusersは、

maxusers オプションは重要なシステムテーブルのサイズを決定します。 この数字はあなたのマシンを同時に使うと思われるユーザー数とおおよそ等しくするのが良いでしょう。

FreeBSD 4.5 からは、これを明示的に 0 に設定すると、システムが設定を自動調整します[1]。それより前のバージョンの FreeBSD を使っているか、自分で管理したい場合、特に X ウインドウシステムを使ったり、ソフトウエアをコンパイルするなら、 maxusers は最低 4 にして下さい。 その理由は、maxusers によって計算される最も重要なテーブルがプロセスの最大数で、それは 20 + 16 * maxusers となります。 もし、maxusers を 1 にすると、 同時に 36 プロセスしか利用できなくなりますが、 システムは起動時に 18 ほどのプロセスを立ち上げ、 X ウインドウシステムは 15 ほどのプロセスを立ち上げるので、オンラインマニュアルを読むような単純なタスクでさえ フィルタ、展開、表示に 9 個のプロセスを利用するために、プロセス数不足になります。 maxusers を 64 に設定すると、 1044 個のプロセスを同時に利用することができるので、 殆どのユーザには充分でしょう。もしあなたが別のプログラムを立ち上げる時、 恐れられている proc table full エラーが 発生する場合や、ftp.FreeBSD.org のように多数のユーザにより 同時に利用されるサーバを動かしている場合には、この数字を増やしてカーネルを再構築することができます。

Note: maxusers はあなたのマシンにログインするユーザ数を制限するものでは ありません。それは単に、あなたのシステムを使うであろうユーザの最大数やそれぞれのユーザがどれくらいのプロセスを走らせるかに合わせて各種テーブルの大きさを設定するだけです。同時にリモートログインする最大ユーザ数を制限するキーワードは pseudo-device pty 16 です。

ということらしい。

同じページに

pseudo-device pty # Pseudo-ttys (telnet etc)

の説明があった。たぶんこれかも。

デフォルトは16で、この数を増やしたい場合、ptyの後に数字をかけばよいらしい。

ToDo:GENERICって何なのか調べる

 |