Hatena::Groupfreebsd

peanutsjamjamのFreeBSD日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-01-15

jman の locale jman の locale - peanutsjamjamのFreeBSD日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - jman の locale - peanutsjamjamのFreeBSD日記 jman の locale - peanutsjamjamのFreeBSD日記 のブックマークコメント

日本語マニュアルを見るために jman コマンドインストールした。

具体的には /usr/ports/japanese/man ディレクトリに移動して、make install を行った。これを行った後に /var/db/pkg ディレクトリで確認すると、ja-man-1.1j_5/ というディレクトリが出来ていた。

この時点では、日本語マニュアルを表示するためのプログラムインストールしただけなので、jman ls などとやっても、日本語マニュアルは表示されない。( ports で japanese/man-doc をインストールするか、あるいは ja-man-doc という package をインストールする必要がある。)

しかし jman プログラムには jman 自身のマニュアルは当然付属しており、これには英語だけでなく日本語マニュアルも含まれている。これがインストールされているはずなので、jman jman と打つことで、jman コマンド日本語マニュアルは表示されるはずである。

実際にやってみると英語のほうのマニュアルが表示されてしまった。

いろいろ調べてみると、環境変数 LC_CTYPE を ja_JP.EUC と設定していたのが間違いだったようだ。正しくは、ja_JP.eucJP としなければならない。

LC_CTYPE を ja_JP.eucJP と正しく設定してから jman jman と打って、jman コマンドマニュアルを読んでみると、次のように書いてある。

ただし、日本語マニュアルページをオリジナルマニュアルページに優先して表示するためにはあらかじめ環境変数 LC_CTYPE か LANG を ja_JP.EUC に設定しておく必要があります。

あらら、記述間違いかも、と調査開始。(もしかすると、jman コマンドの挙動のほうが間違っているのかも知れないしね。)

[FreeBSD-users-jp 66080] から始まる 議論 を読み進めていくと、昔は ja_JP.EUC でよかったということのようだ。だとすると、単に jman コマンド付属してくるマニュアル更新忘れかな。この議論は長いので、何がどうなってるのかを見極めるにはまだかかりそう。

2007 年 1 月 17 日追記

FreeBSD QandA 2650 によると、「4.6-RELEASE の時点で、ja_JP.EUC から ja_JP.eucJP に変更されました。」だそうです。

Q. これまで locale 名は ja_JP.EUC だったと思うのですが、ja_JP.eucJP としている人をみかけました。変更になったのですか?

A. 4.6-RELEASE の時点で、ja_JP.EUC から ja_JP.eucJP に変更されました。

互換性を確保するため、

/usr/share/locale/ja_JP.EUC@ -> ja_JP.eucJP

/usr/share/locale/ja_JP.eucJP/

とシンボリックリンクが張られています。

手元の FreeBSD 6.0-RELEASE では、そのようなシンボリックリンクは張られていないようだ。

2007 年 1 月 19 日追記

PR されてました。

ports/104043: jman(1) in /usr/ports/japanese/man is obsolete.
http://www.freebsd.org/cgi/query-pr.cgi?pr=ports/104043
Description:

The jman(1) in /usr/ports/japanese/man (ja-man-1.1j_5 to me) is obsolete.

The locale ja_JP.EUC did not work for jman on 6.1-RELEASE.
Tha word `ja_JP.EUC' in jman(1) should be replaced with `ja_JP.eucJP',
it works correctly.
トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/peanutsjamjam/20070115