tail

tail

ファイルの最後の部分だけ切り出すコマンド。ログチェックの定番。

巨大なファイルの最後の部分をちょっと確認したい、という場合に便利。

他のフィルタ系コマンドと同様に入力は引数のファイル、なければ標準入力となる。

tail -行数

で、最後の指定行数部分を標準出力にだす。指定がない場合の標準は10行。

cat,headなどと共に、sedawkに渡してログを処理する際に使用する定番コマンドである。