Segmentation Fault

Segmentation Fault

セグメンテーション違反。SIGSEGV、signal 11、セグメントエラー、メモリフォルト、メモリアクセス違反などとも。

確保されていないアドレスポインタで参照するなど、アクセスが許可されていないメモリ領域を参照すると発生し、OSはシグナル番号11、SIGSEGVを発行する。

通常、このシグナルを受けたプロセスは"Segmentation Fault"というメッセージを残し、coreを吐いて異常終了する。

これが発生する原因の多くはNULLポインタや未初期化のポインタでのアクセススタックオーバーフローなどだが、まれにOSバグメモリモジュール不具合による場合もある。

参考