TransFreeBSDの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-05

[]Compiz Fusion Compiz Fusion - TransFreeBSDの日記 を含むブックマーク

グラフィックボードを買ったのはこれを試したかった、といのが本当の所だったりする。しかし、ノーマルのvesaドライバでも結構早くなってる気がする。HDD換えてからほとんど使っていないので、気のせいかも知れないが。

さて、Compiz Fusionを使う手順は至って簡単でスムーズに出来た。portsが揃ってるのと、普段の環境がGNOMEなのが大きい様だ。GNOME環境で良いグラフィクスボードをお持ちの方は是非お試しあれ。

手順

  1. ボードを取り付ける
  2. x11/nvidia-driverをインストールする
    • お好みでx11/nvidia-settingsをインストールする
  3. kldload nvidiaする
    • loader.confに「nvidia_load="YES"」と書いて再起動時にも有効にしておく
  4. /etc/X11/xorg.confを編集する
    • 下記Deviceエントリを加える
    • ScreenセクションのDevidceを先ほどのIdentifierである「Videocard2」に変える
    • Load "dri"かLoad "GLCore"があればそれぞれ消す
    • Load "glx"がなければそれを加える
  5. ログアウトする
    • gdmがXを再起動してnvidiaドライバが有効になる
  6. x11-wm/compiz-fusionをインストールする
  7. システム→設定→CompizConfig Settings Manager (CCSM)を起動し、Preferences(左下)をクリックしてProfileのReset to defaultsボタンをクリック
  8. Effectsカテゴリのウィンドウ装飾をクリック→コマンドに「emerald」を入力
  9. ターミナル等で「compiz --replace gconf &」として起動

私の環境ではCCSMに若干不具合がるようで、何故かちょっといじるとDbusのチェックが外れており、その状態でcompizを動かすとウィンドウ装飾が動かない。なので、毎回チェックをしてからCCSM終了している。


xorg.confに加えるエントリ

Section "Device"
    Identifier  "Videocard2"
    Driver      "nvidia"
    VendorName  "ASUSTek Compute"
    BoardName   "EN8400GS"
EndSection

参考

[]ルートファイルシステムを壊すまで ルートファイルシステムを壊すまで - TransFreeBSDの日記 を含むブックマーク

去年末からのお話。完全に壊したわけじゃないけど、いくつか重要なファイルを失った。でも、ルートだけで良かった。

手順

  1. 新しいHDD(SATA)を装着し、ddでコピーする
  2. 中身を確認せずにfstabを書き換える
  3. しかも何故か元のディスクのfstabを書き換える
  4. コピーに失敗していたのでブートできない
  5. しかたないのでFreeBSDのディスクを探すと5.1しかなかった
  6. fixedを選択するがmountがなくてマウントする方法がわからない
  7. customからdisklabelでnewfsなしで「/」を設定し、インストール物をどれもチェックせずに実行する
  8. どうやらuserかminimumが選択されているとみなされ次々と上書きされ「/」が溢れる
  9. もちろんカーネルも/etc以下もorz
  10. やる気をなくす。ふてる。バタバタする。大晦日を迎える。
  11. でもfstabが書き替わってちょっと前進
  12. loader.confに上書きされなかった6のカーネルモジュールがあってpanicする
    1. 5.1のディスクで起動
    2. /をnewfsなしで設定
    3. mediaで既存のファイルシステムを選択し適当に入力
    4. /がマウントされるがインストールは失敗
      • ただし、passwd、group、fstabなどいくつかは上書きされる
    5. mvが使えるようになる
    6. とりあえずloader.confをmv
  13. シングルユーザモードでは動くようになる
  14. /usr/objに前回makeworldしたバイナリがあったはず
    1. /usrをマウントしてなくて良かった
    2. /usrをマウントすると5.1のカーネルなので/usr/bin/makeは動かず
    3. /usrを/mntにマウントし、/mnt/obj/usrを/mnt/obj/mntにmvしてinstallkernelする
    4. 再起動する
  15. 6.1のカーネルが動く
    1. /usr/objを元に戻す
    2. installworldする
    3. mergemasterする
  16. 書き替わっているファイルがまだある
    1. loader.rcは手動で更新しないと/boot/modulesを読まくなる
    2. 退避していたloader.confを元に戻す
    3. /var/log/mount.todayを参考にfstabを修正する
    4. /var/backupsからaliases、group、master.passwdを戻す
      1. 本当に/だけで助かった
      2. vipwしてspwd.db、pwd.db、passwdの更新、/etc/makeでmake aliasesしてaliases.dbの更新を忘れない
    5. rc.confは無事
    6. その他*.confは記憶で直す
    7. もしくはあきらめる
  17. 正月を迎える :-)

反省点

  • 不用意にddを使わない、使ったら中身くらい確認する、せめてfsckくらいはかける
  • 不用意にfstabの/のエントリをいじらない、編集はよく確認して、落ち着いて
  • バックアップは大事、特にディスク操作や大きな作業の前には取っておく
  • 1CDブートのディスクやせめてメジャーバージョンの合ったインストールディスクは持っておく
  • 失敗しても焦らない、なれない事はしない、危ない橋は渡らない、落ち着いてプランを立てる

結局、ディスクコピーを失敗した原因だけれど、チップセット*1SATAコントローラ*2のドライバが怪しいのか、オーバークロックのためなのか、エラー等は何もでないけれど、アクセスなのか負荷なのか、うまく読み書き出来なくなる事があり、挙げ句にはfsck中にリセットがかかったりする。

しかし、運よくというか、こっちの方が性能がよいのだけれど、<JMicron JMB363 SATA300 controller>というSATA RAIDコントローラなる物がオンボードであったりして、こっちにつけると何事もなく滞りなく移行が済んだ。

でもって快適に。ディスクもやはり重要だ。あとバックアップも。

*1VIA P4M890とVIA VT8237A

*2VIA 8237S SATA150 controllerと認識

ktkt2008/02/23 16:02私もCCSMで設定変更するとemeraldが動かなくなることに悩まされていて、Dbusのチェックで解決しました。ありがとうございました。

通りすがり通りすがり2008/05/09 10:59同様のトラブルに悩まされていた者ですが、VT8237Aは内蔵SATAポートに負荷を与え続けると熱暴走しやすいようです。
ヒートシンクを買ってきて貼り付けたところ、ピタリとおさまりました。

トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/TransFreeBSD/20080105

2007-10-23

[][]続IEs4Linux 成功 続IEs4Linux 成功 - TransFreeBSDの日記 を含むブックマーク

おそまきですが、Cressさんにコメントいただきましたので、IEs4Linuxに再び挑戦。といってもwineをアップデートするだけ。結果、ほぼ成功です♪

Cressさんの所では色々不具合が出ている様ですが、こちらはとりあえず英語版ですが、結構まともに動きました。

f:id:TransFreeBSD:20071024003126p:image

f:id:TransFreeBSD:20071024003325p:image

日本語もちゃんとでます。flashも動くようです。ただ、何かと不安定で、良く落ちますけれど。というわけで、動作報告かねて、スクリーンショット等を色々あげてみます。

google mapsは最初へんなウィンドウが。

f:id:TransFreeBSD:20071024003238p:image

閉じても再度出現を4度繰り返したあと、多少表示しない所があるも、何とか使える。ただし、非常に不安定ですぐ落ちる。

f:id:TransFreeBSD:20071024003237p:image

航空写真+地図は、地図が表示されず。

f:id:TransFreeBSD:20071024003236p:image

続いてhatena map。やはりアイコン等が表示されない。下はネイティブfirefoxでの表示。

f:id:TransFreeBSD:20071024003125p:image

次はyoutubeで動画に挑戦。再生された。

f:id:TransFreeBSD:20071024003341p:image

はてなブックマークの動画も再生出来た。

f:id:TransFreeBSD:20071024003239p:image

rimoもOK、と思ったら、チャンネルを変えると落ちてしまう。

f:id:TransFreeBSD:20071024003327p:image


さて、続いては各機能。まずはAbout IE

f:id:TransFreeBSD:20071024002912p:image

そして、新しいウィンドウでいきなりつまずく。

f:id:TransFreeBSD:20071024003235p:image

err:ntdll:RtlpWaitForCriticalSection section 0x7e74a9a0 "x11drv_main.c: X11DRV_CritSection" wait timed out in thread 0026, blocked by 002b, retrying (60 sec)

などと出る。という事は新しいウィンドウを開こうとするページが見られない可能性大なので、ちょっと困る。

続いてプロパティ。ウィンドウタイトルほか、一部へんな表示になってる。

f:id:TransFreeBSD:20071024003328p:image

編集メニューの「このページを検索」も新しいウィンドウと同じく、「err:ntdll:RtlpWaitForCriticalSection 〜」と出て終了する。

ソースの表示。これはwineメモ帳が起動して表示される。文字化けはご愛敬。

f:id:TransFreeBSD:20071024003326p:image

フルスクリーン表示もOK。

f:id:TransFreeBSD:20071024003127p:image

viewメニューにあるエンコーディング選択のメニュー展開はなんだか少し固まるが、その後に一覧がでる。

f:id:TransFreeBSD:20071024002911p:image

プライバシーレポートってなんだっけ?何もでない。

エクスプローラーバーは基本動かない。

f:id:TransFreeBSD:20071024002910p:image

f:id:TransFreeBSD:20071024002909p:image

お気に入りの追加。名前の部分の日本語が化ける。追加しても反映されなかったり、ほかのお気に入りが変になったりする。ただし、一度終了してもう一度開くと、まともに追加はされていて、リンクも開く。

f:id:TransFreeBSD:20071024002908p:image

f:id:TransFreeBSD:20071024003129p:image f:id:TransFreeBSD:20071024003128p:image

お気に入りの整理も、一見まともそうだが、変更が反映されていなかったり、されていてもされていないように見えたりとか色々でまともには扱えない。削除や移動は実際にはうまくいっている様だが、名前の変更は変更時に文字化けしていて、動作が怪しい。

インターネットオプション。設定ダイアログは英語版で良くなる途切れ状態になってる。

f:id:TransFreeBSD:20071024003329p:image

設定はすべては期待できないだろうが、IEで完結している機能は動くかな?


ついでに、起動時と終了時のコンソールメッセージ

起動時

~% ie6
err:shell:ReadCabinetState Initializing shell cabinet settings
err:rebar:REBAR_WindowProc unknown msg 200b wp=00000000 lp=71180f00
fixme:toolbar:TOOLBAR_CheckStyle [0x10034] TBSTYLE_REGISTERDROP not implemented
fixme:toolbar:TOOLBAR_CheckStyle [0x10034] TBSTYLE_REGISTERDROP not implemented
fixme:shell:NTSHChangeNotifyRegister (0x10034,0x00008003,0x00008000,0x0000c074,0x00000001,0x34dbec):semi stub.
fixme:toolbar:TOOLBAR_Unkwn45D hwnd=0x10034, wParam=0x00000000, size.cx=1280, size.cy=32000 stub!
fixme:toolbar:TOOLBAR_CheckStyle [0x10034] TBSTYLE_REGISTERDROP not implemented
fixme:toolbar:TOOLBAR_CheckStyle [0x10034] TBSTYLE_REGISTERDROP not implemented
fixme:toolbar:TOOLBAR_Unkwn464 hwnd=0x10038 wParam 00000001 lParam 00000000
fixme:dpa:DPA_LoadStream phDpa=0x34d628 loadProc=0x8aba1c pStream=0x14c858 lParam=14c818
fixme:dpa:DPA_LoadStream dwSize=0 dwData2=0 dwItems=0
fixme:dpa:DPA_LoadStream new hDpa=0x14c8a8, errorcode=80004005
fixme:toolbar:TOOLBAR_Unkwn45D hwnd=0x1004e, wParam=0x00000000, size.cx=1280, size.cy=1020 stub!
fixme:shell:NTSHChangeNotifyRegister (0x1004e,0x00008003,0x0c02b7ff,0x0000c074,0x00000001,0x34dc2c):semi stub.
fixme:shell:NTSHChangeNotifyRegister (0x10028,0x00008003,0x0003f5f4,0x00000410,0x00000001,0x34eae8):semi stub.
fixme:shell:SignalFileOpen (0x00000000):stub.
fixme:hook:IsWinEventHookInstalled (32773)-stub!
fixme:hook:IsWinEventHookInstalled (32773)-stub!

終了時

fixme:hook:IsWinEventHookInstalled (32773)-stub!
fixme:shell:SHFlushClipboard stub
fixme:shell:DllCanUnloadNow stub
fixme:shell:DllCanUnloadNow stub
トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/TransFreeBSD/20071023

2007-09-10

[][]IEs4Linux IEs4Linux - TransFreeBSDの日記 を含むブックマーク

IEs4Linuxを入れてみた。駄目だったorz

Cressさんの場合と同じ。

% ie6
err:heap:HEAP_CreateSystemHeap system heap base address 0x80000000 not available
Xlib:  extension "GLX" missing on display ":0.0".
err:wgl:X11DRV_WineGL_InitOpenglInfo  couldn't initialize OpenGL, expect problems
err:heap:HEAP_CreateSystemHeap system heap base address 0x80000000 not available
err:heap:HEAP_GetPtr Invalid heap 0x0!
err:heap:HEAP_GetPtr Invalid heap 0x0!
err:heap:HEAP_GetPtr Invalid heap 0x0!
err:heap:HEAP_GetPtr Invalid heap 0x0!

wineのバージョンは

% wine --version
wine-0.9.44

です。

CressCress2007/10/13 17:47当方 wine-0.9.46_1 を試したところ、IE6が立ち上がることを確認できました。文字化けは今のところありません。
・・・が、肝心のWEBページが見えません。localhost さえ見えず。
取り急ぎご報告まで。

トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/TransFreeBSD/20070910

2007-07-22

[]HPETが問題 HPETが問題 - TransFreeBSDの日記 を含むブックマーク

気が付くとHPETが有効になってた。

kernel: acpi_hpet0: <High Precision Event Timer> iomem 0xfe800000-0xfe8003ff on acpi0

kernel: Timecounter "HPET" frequency 14318180 Hz quality 2000

だそうな。結果、

# sysctl kern.timecounter.choice

kern.timecounter.choice: TSC(-100) ACPI-fast(1000) HPET(2000) i8254(0) dummy(-1000000)

で、

# sysctl kern.timecounter.hardware

kern.timecounter.hardware: HPET

すると、

kernel: calcru: runtime went backwards from 2406 usec to 2317 usec for pid 1 (init)

とか

kernel: calcru: negative runtime of -1885400 usec for pid 13 (swi4: clock sio)

とか出まくる。

最初はなんでか分からなかったのだが、ググッてみると、VMwareでのkern.timecounter.hardwareとかの話が出てくる。VMwareじゃないんだけれど、確かに気が付くと時計もずれてるし、今回初めてHPETなんてものが有効になったと思うし。つか、オーバークロックしてるのが原因って可能性もあるw

ってことで、これまで使われていたであろうACPI-fastに変えてみる。

# sysctl kern.timecounter.hardware=ACPI-fast

kern.timecounter.hardware: HPET -> ACPI-fast

で、ここら辺りをloader.confでやれば解決っぽいけど、その前にクロック落してみよう。

トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/TransFreeBSD/20070722

2007-02-06

[]pkg_infoのパッケージ名指定あれこれ pkg_infoのパッケージ名指定あれこれ - TransFreeBSDの日記 を含むブックマーク

はてブ経由「pkg_info」(Site Administration Courseより)で今更ながらにpkg_infoのオプション「-x」を知る。最近こういうのが多い。というわけでちょっとはmanを読んだまとめを書いてみる。

基本

pkg_info パッケージファイル
pkg_info パッケージへのURL
pkg_info パッケージ

シェルワイルドカード

インストール済みのパッケージを指定する際はデフォルトシェル風のワイルドカードが使える。

pkg_info 'perl*'
pkg_info 'perl-[0-9].?.*'

なお、これは「-G」で抑制できる。

バージョン指定

指定したバージョンに対し{等しい,大きい,小さい,以上,以下}をそれぞれ{=,>,<,>=,<=}を使って表現できる。

pkg_info 'perl=5.8.8'
pkg_info 'perl>5.8'
pkg_info 'perl<6'

これも「-G」で抑制される。

パス風指定

パッケージ名指定に際し、末尾を除くスラッシュより前および末尾のスラッシュを無視する。これによりパス名補完機能を利用してパッケージ名の指定ができる。

pkg_info foo/perl-5.8.8
pkg_info perl-5.8.8/
pkg_info /var/db/pkg/perl-5.8.8/

これはmanに記述がないっぽい。あと「-G」でも抑制されない。

三種混合

pkg_info 'foo/per?<6/'

とかできなくもない。

正規表現「-x」

オプション「-x」で正規表現が使えるようになり、部分マッチしたものが対象となる。つまりgrep風。

pkg_info -xI 'perl'
pkg_info -xI '^p5-.*[_,]'

拡張正規表現「-X」

オプション「-X」で拡張正規表現が使えるようになり、部分マッチしたものが対象となる。つまりegrep風。

pkg_info -XI 'apache|mod_'
pkg_info -XI '[0-9]{8}'
トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/TransFreeBSD/20070206