TransFreeBSDの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-05

[]Compiz Fusion Compiz Fusion - TransFreeBSDの日記 を含むブックマーク

グラフィックボードを買ったのはこれを試したかった、といのが本当の所だったりする。しかし、ノーマルのvesaドライバでも結構早くなってる気がする。HDD換えてからほとんど使っていないので、気のせいかも知れないが。

さて、Compiz Fusionを使う手順は至って簡単でスムーズに出来た。portsが揃ってるのと、普段の環境がGNOMEなのが大きい様だ。GNOME環境で良いグラフィクスボードをお持ちの方は是非お試しあれ。

手順

  1. ボードを取り付ける
  2. x11/nvidia-driverをインストールする
    • お好みでx11/nvidia-settingsをインストールする
  3. kldload nvidiaする
    • loader.confに「nvidia_load="YES"」と書いて再起動時にも有効にしておく
  4. /etc/X11/xorg.confを編集する
    • 下記Deviceエントリを加える
    • ScreenセクションのDevidceを先ほどのIdentifierである「Videocard2」に変える
    • Load "dri"かLoad "GLCore"があればそれぞれ消す
    • Load "glx"がなければそれを加える
  5. ログアウトする
    • gdmがXを再起動してnvidiaドライバが有効になる
  6. x11-wm/compiz-fusionをインストールする
  7. システム→設定→CompizConfig Settings Manager (CCSM)を起動し、Preferences(左下)をクリックしてProfileのReset to defaultsボタンをクリック
  8. Effectsカテゴリのウィンドウ装飾をクリック→コマンドに「emerald」を入力
  9. ターミナル等で「compiz --replace gconf &」として起動

私の環境ではCCSMに若干不具合がるようで、何故かちょっといじるとDbusのチェックが外れており、その状態でcompizを動かすとウィンドウ装飾が動かない。なので、毎回チェックをしてからCCSM終了している。


xorg.confに加えるエントリ

Section "Device"
    Identifier  "Videocard2"
    Driver      "nvidia"
    VendorName  "ASUSTek Compute"
    BoardName   "EN8400GS"
EndSection

参考

ktkt2008/02/23 16:02私もCCSMで設定変更するとemeraldが動かなくなることに悩まされていて、Dbusのチェックで解決しました。ありがとうございました。

通りすがり通りすがり2008/05/09 10:59同様のトラブルに悩まされていた者ですが、VT8237Aは内蔵SATAポートに負荷を与え続けると熱暴走しやすいようです。
ヒートシンクを買ってきて貼り付けたところ、ピタリとおさまりました。

トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/TransFreeBSD/20080105