くれすのFreeBSD日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

只今建設中。。。

CressUnix.org

2005年03月03日(木)PHPやらRubyやら

tDiary

[]Ruby1.8をインストール Ruby1.8をインストール - くれすのFreeBSD日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Ruby1.8をインストール - くれすのFreeBSD日記

mod_rubyを入れようかと迷ったが、普通のRubyを入れることにした。どうせ自分専用のサーバーだし。

インストール

# cd /usr/ports/lang/ruby18
# make install clean

[]tDiaryインストール tDiaryをインストール - くれすのFreeBSD日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - tDiaryをインストール - くれすのFreeBSD日記

はてなダイアリーテーマを作ろうと計画中。

インストール

これもPortsがあったりします。

# cd /usr/ports/www/tdiary
# make install clean
% cd /usr/home/www/data
% cp -R /usr/local/share/examples/tdiary ./
% mv dot.htaccess .htaccess
% mv tdiary.conf.sample tdiary.conf

shareディレクトリインストールされる*1ので、Web公開用のディレクトリコピーすればいい。

tdiary.confの設定

書き換えるのは、@data_pathだけ。WWW経由でアクセスできないディレクトリにしろとのこと。とりあえず、/usr/home/www/diaryあたりにしておく。

@data_path = '/usr/home/www/diary'

レンタルサーバーなど、public_html以下にしか書き込めない場合はどうしよう。この場合は、適当ディレクトリ作ってアクセス制限かけるのが無難かな?

その他

  • /usr/home/www/diaryというディレクトリを作ったら、パーミッションを777にしておく*2
  • .htaccessを編集。AuthUserFile /usr/home/www/.htpasswdとしておく。.htpasswdも作っておく。

*1:というか、置いてあるだけ。

*2:suexec使っている場合は700かな?ファイルが見える位置にないから、敢えてsbit使う必要もないみたい。

トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/Cress/20050303