くれすのFreeBSD日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

只今建設中。。。

CressUnix.org

2005年10月23日(日)ちょっと違うけど

[]coLinux coLinux - くれすのFreeBSD日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - coLinux - くれすのFreeBSD日記

マルチブートに分類してみたけどちょっと違うっぽい。しかもFreeBSDじゃないし。その辺は大目に見てくれい・・・

これに、coLinuxの話が載っている。Windowsが起動している状態でLinuxも起動できる。エミュレータとは違い、OSが2個起動している状態になるらしい。

coFreeBSDがあれば・・・と思ったり。

トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/Cress/20051023

2005年09月22日(木)Multiple Boot Manager

[]MBMで起動ディスクを作る MBMで起動ディスクを作る - くれすのFreeBSD日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - MBMで起動ディスクを作る - くれすのFreeBSD日記

仕事中に使う羽目になったのでメモ。RedHatLinux9のインストールをしたものの、ブートローダが起動せず、結果としてOSも起動しなかったという。

MBM

WindowsXP環境インストールすることを前提とします。

まず、http://elm-chan.org/fsw/mbm/mbm.html から「MBM R0.38フルセット」を落とす。

解凍したら、IMG以下にある、「MBM038.144」をフロッピーに書き込むのだが、普通にエクスプローラからドラッグアンドドロップなどという真似をしてはいけない。ぎりぎりの大きさになっているので、通常の書き方では入りきらなくなる。

そんなわけで、

生焼き

生焼きします。。。rawriteです。

結構あっちこっちで配布されてます。Googleでrawriteを検索するのがよろしい。とりあえず、ftp://ftp.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/tools/ とかにもあるです。

面倒なので、IMGフォルダにrawrite.exeを置いて作業してしまうのがよろしい。ダブルクリックすれば起動しますので、指示に従ってくださいまし。

いざというときに

便利です。何らかの原因でブートマネージャをつぶしてしまったときなど、このフロッピーさえあれば起動できる。

ただし、これ一枚でパーティションの切り直しとかも出来るので、取り扱いには注意が必要。素人の手の届かないところにしまうべし。

トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/Cress/20050922

2005年09月17日(土)お仕事に、家庭に

[]WindowsXPのブートローダを使ってみる WindowsXPのブートローダを使ってみる - くれすのFreeBSD日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - WindowsXPのブートローダを使ってみる - くれすのFreeBSD日記

結構、面倒です。FreeBSD付属のブートローダ使った方が明らかに楽です。

http://euc.jp/os/ntldr.ja.html#multiboot

PBRを作ってWindowsパーティションに置く

まず、FreeBSD環境PBRを作ります。Windowsパーティションは予めマウントしておく。あと、起動FDも必要なので用意しておいてね。

dd if=/dev/ad0s3 of=/mnt/c/FREEBSD.PBR bs=512 count=1

とまあ、これでいいはずだったんだけど、何故かNTFSへの書き込みが出来ず。仕方ないので、ファイルbase64エンコードしてsendmail。そしてWindows起動後にメールで落とすという荒業を使わせていただきました。

boot.iniの書き換え

システムプロパティ→詳細設定→起動と回復、で、設定ファイルを手動で書き換えれば良い。

[boot loader]
timeout=10
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS

[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Home Edition" /noexecute=optin /fastdetect
C:\FREEBSD.PBR="FreeBSD 5.4-RELEASE"   ←これを追加する!
C:\CMDCONS\BOOTSECT.DAT="Microsoft Windows XP 回復コンソール" /cmdcons

何故か回復コンソールとかも入れてあるのでこんな感じ。

"FreeBSD 5.4-RELEASE"って書いたところは別にどんな名前でもいい。わかりやすい名前をつけるのが一番。

あとは、再起動してみてください。。。起動に失敗したら起動ディスクで(何)

[]WindowsXPの回復コンソール WindowsXPの回復コンソール - くれすのFreeBSD日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - WindowsXPの回復コンソール - くれすのFreeBSD日記

一応書いておく。

これって実は意味があるんですよ。ブートマネージャインストールして、そのブートマネージャが要らなくなってWindowsXPのブートマネージャを使いたいとき*1

fixmbr

これでブートローダが削除され、WindowsXPのブートローダが設定される。

Windows9xだと fdisk /mbr かな。やってることはほぼ一緒。

*1:あるんか、そんなこと。

トラックバック - http://freebsd.g.hatena.ne.jp/Cress/20050917